Testoviron depot(テストビロンデポー) 3本 (テストステロンエナンセート)

筋肉の生成に不可欠なたんぱく質同化を促し、男性らしい筋肉や骨格を作り上げる

テストステロン・エナンセートは基本としてはテストステロンをベースにして、

アンドロゲニックと言う男性化の作用を最大限抑えて、

蛋白の同化作用を残した筋肉増強剤

テストステロン・エナンセートはテストステロンに男性ホルモンのエナンセートエステルを付加した筋肉増強剤

一度の注射で2週間も持続

内容:テストステロンエナンセート Testosterone Enantate 250 mg. per ampul

テストビロンの用法・用量
テストステロン治療の目的で、テストビロンは週に100-200mgを基準に使用するのが最良だ。これは、患者のニーズに合わせ、週に一度に飲んでもでもよいし、より少ない半分の量を二回に分けて飲んでもよい。多くの医者は、2週間に200-250mgを処方することになり、これは書類上では良いのだが、テストステロン水準がローラーコースターのように上下するという結果になる。一部の医者は、3-4週間に200-400mgという処方さえもするだろうが、こういう場合は他の医者を探すことを勧める。いずれにしろ、投薬量によらず、貴方が低テストステロン症なら、治療は一生続く。低テストステロン症は治癒できないが、治療はできる。もし治療を中断すれば、ただ単に低テストステロン状態に戻るだけである。

競技運動選手については、たいていの場合、一週間に400-500mgの範囲で、2回の注射をする。例えば、月曜日に250mgを投与し、木曜日に250mgを投与するという具合だ。ステロイド使用者のなかには、もっと少量を使用する人もいる。すなわち、治療投与をしていて、多量のテストステロンを使用したくないステロイド使用者である。このような場合、周期の基本は他のステロイドを中心として組み立てられており、テストステロンの治療投与は他のステロイドホルモンによる自然抑制に対抗するために使う。しかし、多くのステロイドユーザーの間で最も普通にみられるのは、週に500mgという範囲で、中核周期の中でもっと多く使う人もいる。使用料が多くなるほど、副作用のリスクも大きくなることを覚えておくことが大切だ。

重要な注意事項:テストビロンは、アナボリックステロイドと併用するとうまいくいく。しかし、他のテストステロン製品と併用する必要や利点はない。

Testoviron depot(テストビロンデポー) はインドからの発送となります。

アナボリックステロイドのマニュアル本には、テストステロンエナンセートという成分名で紹介されているかもしれません。