お薬館の公式ホームページ

ジェネリック薬個人輸入 デパス・睡眠薬・ラシックス・カマグラ・タダリス通販専門店 お薬館

女性ホルモン・黄体ホルモン(プレマリン,エストロモン)

Premarin(プレマリン)0.625mg280錠(28錠×10)

投稿日:

女性ホルモン剤プレマリン

製造元 : Wyeth

原産地 : Ireland

更年期障害や卵巣欠落症状、卵巣機能不全症、性同一性障害に

1日1〜2錠(主成分として0.625〜1.25mg)

治療を受ける疾患や年齢、症状によって増減されます。必ず指示された服用方法に従ってください。

長期投与を行う場合には、定期的に婦人科検診を受けてください。

卵胞ホルモン(エストロゲン)

女性ホルモン剤プレマリン・プレマリン錠(Premarin)。

結合型エストロゲン0.625mg28錠

● 輸 送 1週間前後で到着予定

● 発 送 タイか香港

● シート発送になります

Premarin(プレマリン)とは、ホルモン剤の一つで女性ホルモンを供給するために使用されるエストロゲンホルモン剤です。

主な用途としましては、更年期障害の諸症状や骨粗しょう症の改善、前立腺がんの治療などに使用されます。

Premarin(プレマリン) 0.625mgについて

プレマリンは女性ホルモンの一つエストロゲンの減少により諸症状に悩む方の改善に用いられることの多いホルモン剤の一つです。 一般的に一番多く知られている使用用途が加齢による女性ホルモンの減少から起きる更年期障害の治療です。

更年期障害の主な症状としては、のぼせ、汗、冷え、動悸、眠れない、イライラ、くよくよ、肩こり、腰痛などがあります。 女性であれば閉経前後に起こりやすいといわれる骨粗しょう症の治療としても効果が報告されています。

さらに男性ですと男性ホルモンアルギニンの抑制による男性ホルモンの活性化によって進行を早めてしまう、前立腺癌の治療薬としても現在は注目されています。 また女性らしい身体を維持したいと考える方の女性ホルモン剤の投与としても実績を上げています。

効果・効能

主な効能は女性ホルモン剤ですので、女性ホルモンの減少の補てんや男性ホルモンの活性化の抑制など、またホルモンバランスの乱れから来る諸症状の改善などに効果があります。

プレマリン 0.625mgの使用方法

ご使用の際は必ず医師とご相談の上、容量、用法を守ってお使い下さい。また、ホルモン剤は体調に大きく影響を与えるお薬ですので個人判断による使用容量の増減や急な投与停止などはお控え下さい。

プレマリン 0.625mgご使用上の注意

副作用としては、乳房の張りや痛み、吐き気や嘔吐、食欲不振、むくみ、体重増加などが報告されています。これらの副作用の多くは、長期間の投与の間で軽減されることが多いのですが、長期投与にも関わらず一向に副作用の軽減が見られない場合は、医師とご相談されることをおすすめいたします。

女性ホルモン剤ですので、乳がんや子宮がん、子宮筋腫等の女性ホルモンによる病状の活性化の恐れのある病気の方は服用できません。

女性ホルモン剤プレマリンの詳しいご使用方法などは医師にご相談ください。

 

-女性ホルモン・黄体ホルモン(プレマリン,エストロモン)

執筆者:

関連記事

no image

Estrofem(エストロフェム)2mg28錠x2箱

女性ホルモン剤 卵胞ホルモン(エストロゲン) 製造元 : Novo Nordisk 原産地 : Denmark 卵胞ホルモン(エストロゲン) 女性ホルモン剤 成分 Estradiol(エストラジオール …

 
no image

エストロモン(プレマリンのジェネリック)0.625mg100錠

女性ホルモン剤プレマリンのジェネリック 製造元 : Standard Chem. & Pharma Co.,Ltd. 原産地 : Taiwan 卵胞ホルモン(エストロゲン) 女性ホルモン剤プ …

 
no image

エストロジェル(OESTROGEL) 80g 1本

女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)にはエストロン、エストリオール、エストラジオールなどの種類があって、女性の間ではよく利用されております。中でもエストラジオールは強いホルモン作用を示しホルモン …

 
no image

エストロモン(プレマリンのジェネリック)0.625mg600錠

女性ホルモン剤プレマリンのジェネリック 製造元 : Standard Chem. & Pharma Co.,Ltd. 原産地 : Taiwan 卵胞ホルモン(エストロゲン) 女性ホルモン剤プ …

 
no image

Premarin(プレマリン)0.625mg28錠

女性ホルモン剤プレマリン 更年期障害や卵巣欠落症状、卵巣機能不全症、性同一性障害に 1日1〜2錠(主成分として0.625〜1.25mg) 治療を受ける疾患や年齢、症状によって増減されます。必ず指示され …